FAXのピーヒョロロロ音の意味

メールの登場ですっかり出番の少なくなってしまったFAX。
ピーヒョロロロという音にはどんな意味があるのでしょうか?

FAXは、電話回線を利用して画像データを送信するものです。
アナログの電話回線で送れるのは音声のみ。だから、音声で通信しているんです。

まず、接続するとお互いがFAXであることを確認します。
3秒おきに0.5秒1100Hzのトーンを送り、「こちらはFAXです」と伝えます。
CNG信号と言って、ポー、ポー、ポー、という音です。
電話に出たときにこの音と聞いたら、電話機をFAXモードにしましょう。

相手がFAX受信モードになると、2100Hzの連続音を返してきます。(CED信号)
これが、ぴーの部分。そして、その後のヒョロロロの部分で、お互いの機能や通信速度などを決めているんです。

「こちらの最大サイズはA4で、モデムの最大速度は14.4ビット/秒ですヒョロ」
そして、実際に安定して通信出来る速度をトレーニング信号で試して決定します。

それからやっと、白と黒との二階調の画像データが送られます。
ガガガガガという感じで送られますが、通常は音声が切られてますよね。

これらの音が怖いという方は、設定で消すことができるFAX機もあります。
呼出回数(着信回数)を0回に設定する方法や、モニター音をオフにする方法などが説明書に載っているはずですので、ご覧下さい。